解決事例

事例1

領収書がない!利益が大きくなりすぎて納税額が心配

同業他社の経費率等の合理的な推測に基づき専門家が経費を算定し、ご自身で申告するより、税金が合理的な範囲内で安くなりました。

事例2

事業概況についてのお尋ねが税務署から送付された!

事業概況についてのお尋ねは税務調査ではありません。しかし、放っておくと近々税務調査が来る確率が非常に高いです。税務調査が来る前に申告をして加算税のペナルティを安くしました。

事例3

直近の領収書はあるんだけれど・・・

直近の売上高に対する経費率を算定し、専門家が経費を変動費と固定費に分けて過年度の経費を合理的に算定し、ご自身で申告するより、税金が安くなりました。